ブログトップ

醍醐千里の詩とエッセイ

chisato37.exblog.jp

宝石を拾う



静かで柔らかい懐かしい歌を聴いていたら

雨の色も少し変わった



日々の雑事も

今しかできない

大事なことに思えた



小さく堅い宝石の一粒一粒

その宝石を見つけて

握りしめる



それが「日常生活」

一喜一憂も

振り回される感覚も



あとからでは間に合わない 

宝石の一粒一粒









『揺れるカーテンの下で』 文芸社より
[PR]
by chisatodaigo | 2014-03-18 05:50 | words
<< 輪になって 野バラ >>